【人事】退職予定者の年次有給休暇は応じる必要がありますか。

経営指導アイコン

退職を控えている労働者であっても、使用者に対して年次有給休暇の権利を行使する制限の規定は設けられていないため、年次有給休暇の権利を行使することができます。
このため、年次有給休暇に応ずる必要があります。
平成29年3月31日現在
 
東京都、足立区(北千住、西新井)、荒川区、墨田区、板橋区、北区、練馬区、台東区、文京区、千代田区、江戸川区、港区、江東区 などの東京都全般
埼玉県、春日部市(春日部、武里、一ノ割)、さいたま市、草加市、越谷市(せんげん台)などの埼玉県全般
 
上記の地域の開業支援を多数、行っています。
会社設立および開業をお考えの方は、ぜひ、ご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております。

関連記事

  1. 経営指導アイコン 土地建物売買契約書の作成上の主な注意点を教えてください。
  2. 経営指導アイコン 【飲食店/開業支援コラム№6】立地について
  3. 経営指導アイコン [特許]特許権と実用新案権の違いを教えてください。
  4. 経営指導アイコン 【人事】虚偽の理由による有給休暇取得は、欠勤扱いにできますか。
  5. 経営指導アイコン 【人事】1か月単位の変形労働時間制の場合に、労働時間の短い日と長…
  6. 経営指導アイコン 弁護士事務所の経営戦略について教えてください。
  7. 経営指導アイコン 【人事】コアタイムをこえて勤務を命ずることはできますか。
  8. 経営指導アイコン 【人事】休憩時間と時間単位年休が重複する場合には、どのように考え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP