【人事】1か月単位の変形労働時間制での時間外労働について教えてください。

経営指導アイコン

変形労働時間制を採用している場合には、所定労働時間は変形期間内において、1日、1週の法定労働時間をこえて設定されることが想定されます。
このため、変形期間を通じて原則として1週平均40時間以内であれば問題ありません。
つまり、特定の日、特定の週の所定労働時間をこえていても、総枠内であれば時間外労働とはなりません。
しかしながら、実際の労働時間が法定労働時間又は所定労働時間(就業規則等で定めた時間)をこえた場合には、割増賃金の支払が必要となるので注意が必要です。
詳細な相談については、職業的専門家である社労士等に相談しましょう。
平成29年3月31日
 
 
東京、埼玉、北千住で開業する場合には、当所にご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております。

関連記事

  1. 経営指導アイコン 【経営相談】プロパー融資について
  2. 経営指導アイコン 【人事】体調不良のために帰宅させた場合に、年次有給休暇扱いにでき…
  3. 経営指導アイコン 子供に会社を継がせる場合の注意点は何ですか?
  4. 経営指導アイコン 【人事】従業員から遅刻を時間単位年休に振り替えたいといわれたので…
  5. 経営指導アイコン 税理士が考える飲食店と新型コロナウイルス感染症に関する融資に関す…
  6. 経営指導アイコン 【人事】フレックスタイム制を採用した場合に、週1回の早朝ミーティ…
  7. 経営指導アイコン 【人事】変動賃金制へ移行する場合の注意点を教えてください。
  8. 経営指導アイコン 継続的な売買契約の契約書の注意点は?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP