【法人税】社史編集のための座談会の費用を教えてください。

法人税アイコン

【問】
社史を編集することになりました。
元従業員、従業員の代表者にて座談会を開くことにします。
ホテルの一室をかりて、宴席を設けて一泊して頂く予定です。
この場合の座談会の費用は、どのようにしょりすべきですか。
 
【答】
社史を編集るための費用は、会議費と同様に処理することが妥当である。
このため、その支出の実態に応じて、会議費と交際費等に区分することとなります。
 
平成29年4月1日現在
 
 
東京、埼玉、北千住で開業する場合には、当所にご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております。

関連記事

  1. 法人税アイコン 【法人税】不動産業などの紹介料の益金に係る帰属時期を教えてくださ…
  2. コラムアイコン 【法人税】お中元、お歳暮、異業種交流会の費用の取り扱いを教えてく…
  3. 法人税アイコン 【法人税法】従業員の会社50周年記念パーティーの費用について
  4. 法人税アイコン 【法人税法】年1回の従業員の配偶者との鑑賞費用
  5. 法人税アイコン 【法人税】商品券の交付をした場合の取り扱いを教えてください。
  6. 法人税アイコン 【法人税】近くの神社に対する寄附金の取り扱い
  7. 法人税アイコン 【法人税】収益の帰属の判定が難しい場合には、どのように判断したら…
  8. 法人税アイコン 【法人税法】部署ごとの打ち上げ会の経理処理について

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP