【論文】工事等請負収入に係る帰属事業年度の問題

収益認識基準に関する論文を投稿させて頂きました。
工事契約に関する新しい収益認識の考え方について、まとめてあります。
建設業税務会計の特殊論点だと思われますので、
ご興味がある方は読んでいただけると嬉しいです。

関連記事

  1. 【論文】納税者の財産権と財産の差押解除に係る諸問題
  2. 【論文】税務職員の誤指導における納税の猶予の検討
  3. 【論文・掲載】税理士法における個人のデータに係る守秘義務の検討
  4. 【論文】納税の猶予に係る利益概念の検討
  5. 【小言】Amazonに自分の名前が・・・
  6. 【記事】CASE1 3Dプリンターの減価償却及び耐用年数が掲載に…
  7. 【論文】「租税法における信義則の適用と租税教育」租税訴訟〈No.…
  8. 「課税ベースの検討」税務会計研究第27号、第一法規(2016年)…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP