【飲食店/開業支援コラム№5】資金繰りについて

経営指導アイコン

飲食店は現金商売のため、融資の難易度は比較的高いといえます。
創業時に、ある程度の資金を、融資で確保する必要があるといえます。
失敗例としては、内装工事の代金が、大幅に増額になるケースがあげられます。
内装工事の見積もりについては、より慎重に検討しましょう。
また、予算がある場合には、予算の範囲で収まるように、取引業者と交渉し、必要な内装工事に限定しましょう。
内装工事については、「設備」の投資になるため、融資の難易度は「運転」資金に比して、若干低くなるのが一般的です。
このため、なるべくなら「設備」の枠で融資を確保したいと考える方が多いと思います。
しっかり、見積もりをしてもらい、見積書を準備し、創業融資に挑むのが賢明といえます。
 
 
東京、埼玉、北千住で開業する場合には、当所にご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております

関連記事

  1. 経営指導アイコン 土地建物売買契約書の作成上の主な注意点を教えてください。
  2. 経営指導アイコン 【人事】労働契約の承継がない場合で、新会社で新しく定年制を採用す…
  3. 経営指導アイコン □男性の経営者(既婚者)が会社設立する場合に決めておいた方が良い…
  4. 経営指導アイコン 【税理士が教える日商簿記検定3級№3】答え
  5. 経営指導アイコン 【人事】変動賃金制へ移行する場合の注意点を教えてください。
  6. 経営指導アイコン 【人事】欠勤日を自動的に年次有給休暇に振り替えることはできますか…
  7. 経営指導アイコン 【契約書】特許ライセンス契約書に記載する契約当事者の定めの注意点…
  8. 経営指導アイコン 【人事】研修期間中の年次有給休暇の権利を行使は可能ですか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP