2017/08/19
#開業支援

【30代起業ステップ式/第5ステップ】店舗・事務所の場所を検討する。

〇30代起業ステップ式〇№5〇
業種・業態によって、店舗・事務所の場所を検討する必要があります。
〇事務関係の業種〇
ブランディングが必要な事務関係の業種については、東京駅・赤坂周辺など、比較的立地が重要となります。
個性が強い事務関係の業種については、事務所の場所は問題となりません。
〇飲食関係の業種〇
どのような客層をターゲットにするのかにより、立地は異なると思われます。
予算にあわせて、店舗を選択しましょう。
〇サイバー市場の業種〇
バーチャルオフィスなどでも可能です。
バーチャルオフィスについては、様々なものがあるので、どの程度のバーチャルオフィスにするか検討しましょう。
また、事務関係の業種と同様に固定の事務所を用いる場合には、立地が重要となることもあるので、慎重に判断しましょう。
〇建設業関係〇
建設設備などを保管する場所が必要です。
なるべくであれば、賃料が安く、広い土地を賃貸したい場合が多いように思われます。
車の便が良い場所などもよいと思います。
〇まとめ〇
業種業態によって、大きく異なる立地の判断ですが、適切に無理のない範囲で判断しましょう。
 
東京都、足立区(北千住、西新井)、荒川区、墨田区、板橋区、北区、練馬区、台東区、文京区、千代田区、江戸川区、港区、江東区 などの東京都全般
埼玉県、春日部市(春日部、武里、一ノ割)、さいたま市、草加市、越谷市(せんげん台)などの埼玉県全般
 
上記の地域の開業支援を多数、行っています。
会社設立および開業をお考えの方は、ぜひ、ご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております。