バーテンダーの金銭の支給は、給与所得になるのでしょうか。

所得税アイコン

当社は数名のバーテンダーを雇い入れています。当社は、お得意様制度を採用しており、売上高の10%をバーテンダーの歩合給として、金銭を支給しています。また、月額50万円以上利用するお客様については、月末締め翌月末払いを認めています。担当バーテンダーは、業務の一環として掛け払いの代金の回収を行っています。回収できない場合には、給与より天引きする取り決めになっています。
 この場合のバーテンダーの金銭の支給は、給与所得になるのでしょうか。
 
 
答 事業所得の性質が高い取引といえます。
 
 
 今回の場合は、バーテンダーの方が代金請求権の貸倒のリスクを負っているため、事業所得の性質が高いといえます。
 
  
平成28年4月1日現在
 
東京都、足立区(北千住、西新井)、荒川区、墨田区、板橋区、北区、練馬区、台東区、文京区、千代田区、江戸川区、港区、江東区 などの東京都全般
埼玉県、春日部市(春日部、武里、一ノ割)、さいたま市、草加市、越谷市(せんげん台)などの埼玉県全般
 
上記の地域の開業支援を多数、行っています。
会社設立および開業をお考えの方は、ぜひ、ご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております。

関連記事

  1. 所得税アイコン 従業員の不妊治療費用の資金の貸し付けを無償で行った場合はどうした…
  2. 所得税アイコン 消防訓練手当を支給することとした場合に、非課税になりますか。
  3. 所得税アイコン サークルチームが全国大会に出場した場合のお祝い金
  4. 所得税アイコン 源泉所得税って、いつ支払うの?
  5. 所得税アイコン 店舗や事務所がない個人事業主の大工さんの外注契約は?
  6. 所得税アイコン 個人の税理士さんに相続税の申告を依頼した場合の源泉所得税ってどう…
  7. 所得税アイコン 製品のデザイン制作契約に基づくデザイン料は、どうすればいいの?
  8. 所得税アイコン 役職ごとの宿日直手当は、源泉所得時がかかるんですか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP