ヘアサロン・美容室の人的資源管理の注意点とは?

一世代前では、憧れだった職業であった。
近年では、長時間労働などを理由に、人気を落としているようだ。
このため、若者の雇用を確保するのも一苦労となる。
また、「手に技術」という意識が高い従業員が多いため、開業志向も比較的高いといえる。
従業員の欲求を満たせるような雇用形態などを構築しなければ、経営は難しいであろう。
 
東京都、足立区(北千住、西新井)、荒川区、墨田区、板橋区、北区、練馬区、台東区、文京区、千代田区、江戸川区、港区、江東区 などの東京都全般
埼玉県、春日部市(春日部、武里、一ノ割)、さいたま市、草加市、越谷市(せんげん台)などの埼玉県全般
 
上記の地域の開業支援を多数、行っています。
会社設立および開業をお考えの方は、ぜひ、ご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております。

関連記事

  1. ヘアサロン・美容室は、お客様のどんな場所となるべきか。
  2. ヘアサロン・美容室の内装工事を分離方式で依頼する場合の、デザイナ…
  3. ヘアサロン、美容室、床屋の場合、開業前にトレーニング期間は必要で…
  4. ヘアサロン・美容室で、特定な趣味層をターゲットにする場合の注意点…
  5. 子供連れ親子をターゲットにするヘアサロン・美容室の場合の注意点と…
  6. カウンセリング・個別対応での差別化について教えてください。
  7. 美容院・美容室・床屋さんの場合に、費用の管理が重要となる理由はど…
  8. ヘアサロン・美容室の場合、店舗の大きさはどのように考えたらよいで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP