創業計画書を作成したのに、創業年度で資金ショートしてしまう事例は、どのような事例ですか。

開業支援アイコン

 理由は様々ですが、運転資金の算定が不十分だった場合があります。

 運転資金については、一般的に3か月から6か月程度を確保することが大切です。しかしながら、運転資金には商品の仕入れ又はサービスの提供に必要な支出、家賃、人件費(ご自身の給料も含まれます。)、システム利用料、専門家などへの報酬の支払などが含まれます。
 固定的な支出の算定が少ない場合には、売り上げを確保する前に、資金が足らない状況に陥ることが多いように思われます。
 また、建設業のような1つの契約金額が大きいような業種については、余裕資金がないと、大きな契約の締結が困難となるケースもあるようです。せっかくの契約のチャンスを見送らないという話もよくお聞きします。
 このため、運転資金と設備資金を十分に調査・検討しないと、創業計画書を作成してもすぐに資金ショートしてしまうケースがあります。まずは、ご自身の経験から、どの程度の運転資金と余裕資金などが必要か検討しましょう。
 
東京都、足立区(北千住、西新井)、荒川区、墨田区、板橋区、北区、練馬区、台東区、文京区、千代田区、江戸川区、港区、江東区 などの東京都全般
埼玉県、春日部市(春日部、武里、一ノ割)、さいたま市、草加市、越谷市(せんげん台)などの埼玉県全般
 
上記の地域の開業支援を多数、行っています。
会社設立および開業をお考えの方は、ぜひ、ご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております。

関連記事

  1. 開業支援アイコン 洋菓子店の顧客管理方法について、教えてください。
  2. 開業支援アイコン 小売業の場合に、創業する前に一番に考えることはどんなことですか。…
  3. 開業支援アイコン 洋菓子店の開業前の重要事項については教えて下さい。
  4. 開業支援アイコン 小売業の場合に、売上代金をクレジットカードで決済する場合が多くあ…
  5. 開業支援アイコン 【会社設立(起業支援)/苦労話№9】開業段階での資金ショートの理…
  6. 開業支援アイコン 貴所の創業計画書の作成の支援を教えてください。
  7. 開業支援アイコン 【会社設立(起業支援)/苦労話№20】共同出資でトラブルに。
  8. 開業支援アイコン 【会社設立(起業支援)/苦労話№7】創業融資を誰に相談するのか。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP