喫茶店の事業計画書を作成する場合に、最初に準備することは?

 喫茶店の事業計画書の重要事項は、1時間あたりの簡易な利益が重要となります。
 
 
 喫茶店の事業計画書の場合、まずは利益率が重要となります。ただ、正確な原価計算をするのは、なかなか難しいことです。まずは簡易な原価計算を行いましょう。
 喫茶店の場合には、「商品」と「空間」を提供することとなります。滞在時間が長くなることが予想されるので、単純に簡易な利益を算定しただけでは、
 
東京都、足立区(北千住、西新井)、荒川区、墨田区、板橋区、北区、練馬区、台東区、文京区、千代田区、江戸川区、港区、江東区 などの東京都全般
埼玉県、春日部市(春日部、武里、一ノ割)、さいたま市、草加市、越谷市(せんげん台)などの埼玉県全般
 
上記の地域の開業支援を多数、行っています。
会社設立および開業をお考えの方は、ぜひ、ご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております。

関連記事

  1. 【飲食店/開業支援コラム№1】開業する決意とは・・・
  2. 【飲食店/開業支援コラム№3】原価について
  3. 喫茶店の顧客管理方法について、教えてください。
  4. 喫茶店の開業前の重要事項については教えて下さい。
  5. 自分の開業するBARは、「だれが」利用するか、イメージできてます…
  6. 居ぬき開業の場合に気をつけるターゲットの決め方は?
  7. BARの開業をする第一歩を教えてください。
  8. 居酒屋の事業計画書で、簡易な利益をどのように配分するかが問題とな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP