喫茶店を会社でやるか個人か悩んでいます。

 自己資金の金額で、会社形態か個人で行うのかが判断する事が多いと思います。
 
 
 喫茶店の場合、初期投資額がサービス業などに比べると多くかかることが多々あります。このため、自己資金が少ない場合には、融資の金額が大きくなることが多々あります。融資額が大きくなるということは、借金(債務)の金額が大きくなるということです。その借金を、直接的に個人が負うのか、会社が負うのか、という話になります。
 詳しくは個別相談でお話させて頂きたいのですが、設備投資と運転資金(3ヶ月から6ヶ月分)をご準備頂くことが望ましいため、法人として開業される方が多いように見受けられます。
 喫茶店の場合には、店舗展開を目指していない場合には、個人事業主で行う事が有利となる場合が多いと思われます。店舗展開を考えるかも一つの道しるべとなりますので、じっくり考えましょう。
 
東京都、足立区(北千住、西新井)、荒川区、墨田区、板橋区、北区、練馬区、台東区、文京区、千代田区、江戸川区、港区、江東区 などの東京都全般
埼玉県、春日部市(春日部、武里、一ノ割)、さいたま市、草加市、越谷市(せんげん台)などの埼玉県全般
 
上記の地域の開業支援を多数、行っています。
会社設立および開業をお考えの方は、ぜひ、ご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております。

関連記事

  1. 居酒屋の開業前の原価設定が重要な理由を教えて下さい。
  2. 個人事業主でBARを営む場合のデメリットを教えてください。
  3. BARの開業をする第一歩を教えてください。
  4. 【飲食店/開業支援コラム№3】原価について
  5. 居酒屋の創業前に考えないとならない現金管理の方法とは。
  6. 居ぬき物件の現調は、雨の日が良いって本当ですか。
  7. ラーメン店の創業前に考えないとならない現金管理の方法とは。
  8. 居ぬき物件の特徴は何ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP