子供に会社を継がせる時のタブーを教えてください。

経営指導アイコン

子供に会社を継がせる場合には、十分な権限を子供に与えることが大切です。
前経営者として、いろいろと口を出したくなることはあると思います。
人生経験が違うので、当然のことです。
しかしながら、子供に会社を継がせた以上は、最終的には子供に経営の意思決定を行わせることが大切です。
そして、その意思決定を尊重することが重要となります。
ただし、「これだけは譲れない」という会社経営の重要な事項については、子供を上手に説得して、最終的に子供がその結論を出すように導くことが大切です。
頭ごなしに「NO」ということは簡単です。
きちんと理由を理解させて、今後の経営に役立てるように指導して頂くことが、大切だと思われます。
 
東京都、足立区(北千住、西新井)、荒川区、墨田区、板橋区、北区、練馬区、台東区、文京区、千代田区、江戸川区、港区、江東区 などの東京都全般
埼玉県、春日部市(春日部、武里、一ノ割)、さいたま市、草加市、越谷市(せんげん台)などの埼玉県全般
 
上記の地域の開業支援を多数、行っています。
会社設立および開業をお考えの方は、ぜひ、ご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております。

関連記事

  1. 経営指導アイコン 【人事】失効年休積立制度を教えて下さい。
  2. 経営指導アイコン 【人事】深夜0時を超えた残業が発生した当時に、年次有給休暇の請求…
  3. 経営指導アイコン 【人事】祝日と日曜日が重なった翌日は、「休日」としなければならな…
  4. 経営指導アイコン 弁護士事務所の経営戦略について教えてください。
  5. 経営指導アイコン 【人事】生理休暇を求められた場合について教えてください。
  6. 経営指導アイコン 【契約書】特許ライセンス契約書の作成上の注意を教えてください。
  7. 経営指導アイコン 【人事】フレックスタイム制を採用した場合に、週1回の早朝ミーティ…
  8. 経営指導アイコン 【人事】年次有給休暇は時間単位の付与が認められるのですか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP