小売業の場合で、中古製品を取り扱う場合の許認可について教えて下さい。

開業支援アイコン

答 古物商の許認可が必要となる場合があります。
 
  
 骨董品などの中古製品などを転売する場合には、古物商の許認可が必要となります。また、古物台帳の作成が義務付けられます。
 古物台帳を作成して、商品有り高帳の基本データとして利用することもあります。
 アルバイトの方や従業員の方がいない場合には、事務負担が大きくなります。本当に、一人で切り盛りできるのか、検討しましょう。

 
東京都、足立区(北千住、西新井)、荒川区、墨田区、板橋区、北区、練馬区、台東区、文京区、千代田区、江戸川区、港区、江東区 などの東京都全般
埼玉県、春日部市(春日部、武里、一ノ割)、さいたま市、草加市、越谷市(せんげん台)などの埼玉県全般
 
上記の地域の開業支援を多数、行っています。
会社設立および開業をお考えの方は、ぜひ、ご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております。

関連記事

  1. 開業支援アイコン 【会社設立(起業支援)/苦労話№28】事務所の移転等が大変。
  2. 開業支援アイコン 貴所の創業計画書の作成の支援を教えてください。
  3. 開業支援アイコン 【飲食店/足立区起業・開業コラム№1】どの地域で勝負するか。
  4. 開業支援アイコン 【会社設立(起業支援)/苦労話№3】個人事業主から会社設立の切り…
  5. 開業支援アイコン 【30代起業ステップ式/第7ステップ】法律上の問題を総チェック。…
  6. 開業支援アイコン 小売業の得意先、仕入先が海外に展開されることが予定されている場合…
  7. 開業支援アイコン 【法人税】法人を設立した時の届出は、一般的に何がありますか。
  8. 開業支援アイコン 【会社設立(起業支援)/苦労話№12】給与計算の壁

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP