居酒屋の家賃が高い場合って、店舗の見直しが必要なのでしょうか。

 家賃の価値をどのように捉えるかで、高いか安いかを判断します。
 
 
 店舗の立地が駅前などで、比較的人通りが良い場所の場合には、家賃が高くなることが多いと思います。人通りが多いということは、店舗の立地自体が広告宣伝の価値があるといえます。この場合には、広告宣伝費と家賃の合計で、会社が費用を負担できるかで、店舗の見直しをするかを考える必要があるといえます。
 客単価が低い場合には、より多くのお客様を招き入れて、回転率を高くしなければなりません。現実的に可能な回転率か、1日辺りの客数数かを検討しましょう。
 居酒屋の場合、ネット媒体の広告などを活用することが多いので、あまり家賃が高すぎると、広告宣伝費を十分に確保できないか、あるいは、価格帯を高く設定するしかありません。チェーン店のような大量仕入ができないので、あまり安い売価を設定するのはやめましょう。
 
東京都、足立区(北千住、西新井)、荒川区、墨田区、板橋区、北区、練馬区、台東区、文京区、千代田区、江戸川区、港区、江東区 などの東京都全般
埼玉県、春日部市(春日部、武里、一ノ割)、さいたま市、草加市、越谷市(せんげん台)などの埼玉県全般
 
上記の地域の開業支援を多数、行っています。
会社設立および開業をお考えの方は、ぜひ、ご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております。

関連記事

  1. 居ぬき物件の長所を生かすために、内装工事は。
  2. 居ぬき物件の現調は、雨の日が良いって本当ですか。
  3. 喫茶店の顧客管理方法について、教えてください。
  4. 喫茶店の開業前の時間単位の利益測定が重要な理由を教えて下さい。
  5. 【飲食店/開業支援コラム№2】価格について
  6. 男性をターゲットにしたBARのドリンクは、どのような内容にしたら…
  7. 喫茶店の家賃が高い場合って、店舗の見直しが必要なのでしょうか。
  8. 飲食店の経営者としてどのような姿勢が求められるのでしょうか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP