平成27年以後の、相続の税制改正の主な論点とは・・・

1 相続税
(1) 遺産に係る基礎控除額の引き下げ。
(2) 最高税率の引上げなど税率構造が変更。
(3) 税額控除のうち、未成年者控除や障害者控除の控除額が引き上げ。
(4) 小規模宅地等の特例について、特例の適用対象となる宅地等の面積の変更。
2 贈与税
(1) 相続時精算課税について、適用対象者の範囲の拡大など適用要件の変更。
(2) 暦年課税について、最高税率の引上げや税率の緩和など税率構造の変更。

関連記事

  1. 贈与を受けた住宅取得等資金の金額が非課税となる場合で納税額があり…
  2. 両親が亡くなる前に贈与を受けて、相続税対策をする方がいると聞きま…
  3. 未払の所得税、住民税、固定資産税がある場合には、債務控除が受けら…
  4. 土地の価格がいくつかあると思いますが、相続税法はどのような評価額…
  5. 相続人が慶弔金を受け取った場合に、相続税の対象となる場合があると…
  6. 相続税の申告を行うのですが、死亡するまでの入院費用は、相続財産か…
  7. 財産目録の作成の際に、財産目録に記載する預貯金の確認方法を教えて…
  8. 相続税法でいう「相続権を失った者」とは、どのような人でしょうか。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP