2017/05/08
#経営指導

建物賃貸借契約書の作成上で、注意事項を教えてください。

建物賃貸借契約書の作成については、一般的に下記の内容を注意すべきです。
 
 
①賃貸借の期間は何人にするか。
②賃料および敷金の金額はいくらにするか。
③賃料の支払方法を明記したか。
④建物を転貸する予定がある場合には、契約上手当をしたか。
⑤修繕費用の負担はどちらか明記したか。
⑥賃借人の造作買取請求権を特約で排除するか。
⑦連帯保証人をつけるか。
⑧連帯保証人をつける場合に、その者の信用は十分か。
 
東京都、足立区(北千住、西新井)、荒川区、墨田区、板橋区、北区、練馬区、台東区、文京区、千代田区、江戸川区、港区、江東区 などの東京都全般
埼玉県、春日部市(春日部、武里、一ノ割)、さいたま市、草加市、越谷市(せんげん台)などの埼玉県全般
 
上記の地域の開業支援を多数、行っています。
会社設立および開業をお考えの方は、ぜひ、ご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております。