弁護士事務所の拡大に伴う人的資源管理で注意すべき点を教えてください。

経営指導アイコン

他の業種と同様ではありますが、独立志向の強い弁護士の方も多いと思います。
ですので、独立するよりも事務所に所属していた方が良いと思わせることが大切です。
また、基本的に勤続年数が多い事務員の数と、勤続年数が多い弁護士の数では、前者が多くなります。
数の理論で、前者が力を持つことが多いことがあげられます。
このような状況下ですと、弁護士の方の士気が著しく低下することがあります。
勤続年数が多い弁護士をきちんと確保できるような教育体制、賃金体制を設けるように気を付けましょう。
また、残業時間が過大にならないように注意しましょう。
 
東京都、足立区(北千住、西新井)、荒川区、墨田区、板橋区、北区、練馬区、台東区、文京区、千代田区、江戸川区、港区、江東区 などの東京都全般
埼玉県、春日部市(春日部、武里、一ノ割)、さいたま市、草加市、越谷市(せんげん台)などの埼玉県全般
 
上記の地域の開業支援を多数、行っています。
会社設立および開業をお考えの方は、ぜひ、ご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております。

関連記事

  1. 経営指導アイコン 【契約書】特許ライセンス契約書のライセンスの内容で注意すべき事項…
  2. 経営指導アイコン 【人事】会社分割による労働契約の承継の場合、年次有給休暇の勤務年…
  3. 経営指導アイコン 【飲食店/開業支援コラム№7】税務
  4. 経営指導アイコン 弁護士事務所の運営で注意すべき税法を教えてください。
  5. 経営指導アイコン 【人事】55歳以上の給与額を下げる特別職群を採用する就業規則の改…
  6. 経営指導アイコン 建物賃貸借契約書の作成上で、注意事項を教えてください。
  7. 経営指導アイコン サービス付き高齢者向け住宅賃貸借契約書の作成上の主な注意点を教え…
  8. 経営指導アイコン 【税理士が教える日商簿記検定3級№3】問題

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP