業務上負傷した従業員に支給した休業手当はどのように処理すべきでしょうか。

所得税アイコン

 当社の工場に勤務する従業員が、荷物の落下により負傷してしまいました。
 このため、従業員が休業することとなりました。当社は今回の事故の責任を重く受け止め、給与等と変えて定例の給与及び賞与の額の9割相当額の休業手当を支給することとしました。
 この休業手当については、源泉所得税を徴収する必要があるのでしょうか。
 
  
答 休業手当については、源泉所得税を徴収する必要はありません。
 
  
 本件の場合、労働基準法に定める休業補償に該当すると認められるため、所得税は課税されません。したがって、源泉所得税の徴収も必要がありません。
 
  
平成28年4月1日現在
 
東京都、足立区(北千住、西新井)、荒川区、墨田区、板橋区、北区、練馬区、台東区、文京区、千代田区、江戸川区、港区、江東区 などの東京都全般
埼玉県、春日部市(春日部、武里、一ノ割)、さいたま市、草加市、越谷市(せんげん台)などの埼玉県全般
 
上記の地域の開業支援を多数、行っています。
会社設立および開業をお考えの方は、ぜひ、ご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております。

関連記事

  1. 所得税アイコン 消防訓練手当を支給することとした場合に、非課税になりますか。
  2. 所得税アイコン 営業マンに対する接待費の支給って、源泉所得税の徴収が必要なの?
  3. 所得税アイコン 役職ごとの宿日直手当は、源泉所得時がかかるんですか。
  4. 所得税アイコン ワンマン社長に対する出張費用をどのように処理したらよいですか。
  5. 所得税アイコン 自社製品拡販のためのビンゴ大会の商品券はどのように処理すべきです…
  6. 所得税アイコン 従業員の結婚式費用の全額を会社で負担した場合は、どのように処理す…
  7. 所得税アイコン 従業員に支給する損害保険加入報償金はどのように処理すべきですか。…
  8. 所得税アイコン 家庭教師の講師料について、どのように取り扱えばよいのでしょうか。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP