[特許]特許出願をすべきか実用新案登録出願をすべきか悩んでいる場合には。

経営指導アイコン

特許出願が望ましい場合として、一般的には下記のとおりです。
①成果物は方法に関するものである場合(車両製造方法など)
②成果物は物質にかんするものの場合(医薬品等)
※実用新案権は「物品の計上、構造又は組み合わせに係る」ものに限定されています。
平成31年1月1日現在

関連記事

  1. 経営指導アイコン 【会社設立(起業支援)苦労話№21】バーチャルオフィスの追加料金…
  2. 経営指導アイコン 【税理士が教える日商簿記検定3級№3】問題
  3. 経営指導アイコン 【人事】年次有給休暇は時間単位の付与が認められるのですか。
  4. 経営指導アイコン スポット案件が多い弁護士事務所の経営で注意する点を教えてください…
  5. 経営指導アイコン 【会社設立(起業支援)/苦労話№24】一人会社は大変。
  6. 経営指導アイコン [融資]埼玉県信用保証協会の融資制度【創立70周年記念】
  7. 経営指導アイコン 量販店との契約で用いられる売上仕入契約書の作成上のポイントを教え…
  8. 経営指導アイコン 【人事】フレックスタイム制の場合の遅刻の取り扱いを教えてください…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP