[特許]特許出願をすべきか実用新案登録出願をすべきか悩んでいる場合には。

経営指導アイコン

特許出願が望ましい場合として、一般的には下記のとおりです。
①成果物は方法に関するものである場合(車両製造方法など)
②成果物は物質にかんするものの場合(医薬品等)
※実用新案権は「物品の計上、構造又は組み合わせに係る」ものに限定されています。
平成31年1月1日現在

関連記事

  1. 経営指導アイコン 弁護士事務所を利用する側が確認する事項、あるいは利用者が確認すべ…
  2. 経営指導アイコン 【人事】体調不良のために帰宅させた場合に、年次有給休暇扱いにでき…
  3. 経営指導アイコン 【税理士が教える日商簿記検定3級№3】問題
  4. 経営指導アイコン 継続的な売買契約の契約書の注意点は?
  5. 経営指導アイコン 【人事】年次有給休暇の前借りはできますか。
  6. 経営指導アイコン 【契約書】特許ライセンス契約書の作成上の注意を教えてください。
  7. 経営指導アイコン 【人事】パートタイマーに対する生理休暇を求められた場合には、どう…
  8. 経営指導アイコン 【人事】計画年休日を業務の都合で変更したいのですが、可能ですか。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP