[特許]特許権と実用新案権の違いを教えてください。

経営指導アイコン

特許権は実体審査があるのに対し、実用新案権はそのような審査はありません。
また、存続期間は特許権が20年に対し、実用新案権は10年となります。
登録までの期間ですが、特許権は審査請求から最低1年必要なのに対し、実用新案権は半年程度となります。
また、保護となる対象も異なるので、注意が必要です。
なお、詳しい詳細については弁理士に問い合わせましょう。
平成31年1月1日現在

関連記事

  1. 経営指導アイコン 【契約書】特許ライセンス契約書のライセンスの内容で注意すべき事項…
  2. 【税理士が教える日商簿記検定3級№12】答え
  3. 経営指導アイコン [特許]特許法の保護対象とは
  4. 経営指導アイコン 【人事】管理監督者に年次有給休暇を与えなくてよいのでしょうか。
  5. 経営指導アイコン 【人事】午前中に有給をとった場合の、残業代の取り扱いを教えてくだ…
  6. 経営指導アイコン 建物賃貸借契約書の作成上で、注意事項を教えてください。
  7. 経営指導アイコン 弁護士事務所の顧客獲得方法を教えてください。
  8. 経営指導アイコン 【契約書】クロスリンク契約書の作成上の注意を教えてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP