[特許]特許権と実用新案権の違いを教えてください。

経営指導アイコン

特許権は実体審査があるのに対し、実用新案権はそのような審査はありません。
また、存続期間は特許権が20年に対し、実用新案権は10年となります。
登録までの期間ですが、特許権は審査請求から最低1年必要なのに対し、実用新案権は半年程度となります。
また、保護となる対象も異なるので、注意が必要です。
なお、詳しい詳細については弁理士に問い合わせましょう。
平成31年1月1日現在

関連記事

  1. 経営指導アイコン 【人事】パートタイマーに対する生理休暇を求められた場合には、どう…
  2. 経営指導アイコン 土地建物売買契約書の作成上の主な注意点を教えてください。
  3. 経営指導アイコン 【人事】労働者を懲戒する場合の就業規則の注意事項を教えてください…
  4. 法人税アイコン 【掲載】「特集 法人成り、個人成り、組織変更の税務」税務QA通巻…
  5. 経営指導アイコン 【人事】年次有給休暇は時間単位の付与が認められるのですか。
  6. 経営指導アイコン 弁護士事務所の拡大化に重要な事項を教えてください。
  7. 経営指導アイコン 【会社設立(起業支援)/苦労話№22】営業に振り回されて大変。
  8. 経営指導アイコン 【人事】深夜0時を超えた残業が発生した当時に、年次有給休暇の請求…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP