[特許]特許権と実用新案権の違いを教えてください。

経営指導アイコン

特許権は実体審査があるのに対し、実用新案権はそのような審査はありません。
また、存続期間は特許権が20年に対し、実用新案権は10年となります。
登録までの期間ですが、特許権は審査請求から最低1年必要なのに対し、実用新案権は半年程度となります。
また、保護となる対象も異なるので、注意が必要です。
なお、詳しい詳細については弁理士に問い合わせましょう。
平成31年1月1日現在

関連記事

  1. 経営指導アイコン 弁護士事務所の拡大に伴う人的資源管理で注意すべき点を教えてくださ…
  2. 経営指導アイコン クレーム対応の和解契約書の作成上の注意を教えてください。
  3. 経営指導アイコン 弁護士の開業が難しいといわれる理由は何ですか。
  4. 経営指導アイコン 【人事】変動賃金制へ移行する場合の注意点を教えてください。
  5. 経営指導アイコン 【会社設立(起業支援)/苦労話№23】ネットトラブルで大変。
  6. 経営指導アイコン 【人事】深夜0時を超えた残業が発生した当時に、年次有給休暇の請求…
  7. 経営指導アイコン 【契約書】サイバーモール出店契約書の作成上の注意を教えてください…
  8. 経営指導アイコン 【飲食店/開業支援コラム№4】スタッフに関すること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP