[特許]特許権と実用新案権の違いを教えてください。

経営指導アイコン

特許権は実体審査があるのに対し、実用新案権はそのような審査はありません。
また、存続期間は特許権が20年に対し、実用新案権は10年となります。
登録までの期間ですが、特許権は審査請求から最低1年必要なのに対し、実用新案権は半年程度となります。
また、保護となる対象も異なるので、注意が必要です。
なお、詳しい詳細については弁理士に問い合わせましょう。
平成31年1月1日現在

関連記事

  1. 経営指導アイコン 【契約書】特許ライセンス契約書の記載事項であるライセンスの対象に…
  2. 経営指導アイコン 【人事】コアタイムをこえて勤務を命ずることはできますか。
  3. 経営指導アイコン 【人事】会社分割による労働契約の承継の場合、年次有給休暇の勤務年…
  4. 経営指導アイコン 【契約書】ASP利用契約書の作成上の注意を教えてください。
  5. 経営指導アイコン 【人事】休職職員の年次有給休暇の取り扱いを教えてください。
  6. 経営指導アイコン 【人事】祝日と日曜日が重なった翌日は、「休日」としなければならな…
  7. 経営指導アイコン 【契約書】サイバーモール出店契約書の作成上の注意を教えてください…
  8. 経営指導アイコン 【人事】1か月単位の変形労働時間制を導入することは、労働条件の不…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP