2019/01/01
#経営指導

[特許]特許法の保護対象とは

特許法が保護する対象は「発明」となります。
実務上は、ある課題を解決するための具体的な手段であり、かつ、自然法則を利用したものであること、当業者が反復実施して同一の効果があげることができる程度までに具体的にされていること、客観的に特定できることが必要とされています。
また、「発明」の定義に該当しても、産業上利用不可能なもの、新規性または進歩性を具備しないものなどは、特許による保護を受けることはできません。
平成31年1月1日現在