相続などで財産を取得した場合に、外国に居住して日本に住所がない人は、相続税が課税されるのでしょうか。

答 相続などで財産を取得した場合には、外国に居住していて日本に住所がない相続人は、原則として、取得した財産のうち日本国内にある財産だけが相続税の対象となります。
 
  
 外国居住で住所がない相続人の場合には、限定的に相続税が課税されることとなります。
 しかしながら、(1)財産を取得したときに日本国籍を有している人で、被相続人又は財産を取得した人が被相続人の死亡した日前5年以内に日本国内に住所を有したことがある場合、(2)財産を取得したときに日本国籍を有していない人で、被相続人が日本国内に住所を有している場合には、日本国外にある財産も相続税が課税されることとなりますので、事前に専門家等に相談しましょう。
 
  
平成28年4月1日現在

関連記事

  1. 葬式の際の火葬場へのタクシー代は控除できる葬式費用に含まれるので…
  2. 財産目録の作成の際に、出資金の確認方法を教えてください。
  3. 財産目録の作成の際に、財産目録に記載する預貯金の確認方法を教えて…
  4. 民法と相続税法における法定相続人の範囲の違いを教えてください。
  5. 未払の所得税、住民税、固定資産税がある場合には、債務控除が受けら…
  6. 財産目録の作成の際に、公社債等の確認方法を教えてください。
  7. 相続や遺贈によって取得した財産を、特定の公益を目的とする事業を行…
  8. 相続税の申告を行うのですが、死亡するまでの入院費用は、相続財産か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP