相続税法でいう「相続権を失った者」とは、どのような人でしょうか。

答 相続人の欠格事由に該当する者、推定相続人の廃除、遺言による推定相続人の廃除の規定による推定相続人の廃除の請求に基づき相続権を失った者だけに限定される。
 
  
平成28年4月1日現在
 
東京都、足立区(北千住、西新井)、荒川区、墨田区、板橋区、北区、練馬区、台東区、文京区、千代田区、江戸川区、港区、江東区 などの東京都全般
埼玉県、春日部市(春日部、武里、一ノ割)、さいたま市、草加市、越谷市(せんげん台)などの埼玉県全般
 
上記の地域の開業支援を多数、行っています。
会社設立および開業をお考えの方は、ぜひ、ご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております。

関連記事

  1. 相続税法における「相続を放棄した者」とは、どんな方ですか。
  2. 相続税の基礎控除額について教えてください。
  3. 父から居住用の住宅を贈与してもらいました。この場合には、住宅取得…
  4. 相続などで財産を取得した場合に、外国に居住して日本に住所がない人…
  5. 相続税の申告を行うのですが、死亡するまでの入院費用は、相続財産か…
  6. 相続税の試算を行いたいのですが、どのようなものが必要ですか。
  7. 相続税の課税がされない財産はどんなものなのでしょうか。
  8. 民法と相続税法における法定相続人の範囲の違いを教えてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP