相続税法における「相続を放棄した者」とは、どんな方ですか。

答 家庭裁判所に申述するなどして一定の手続きを経たものに限り、相続を放棄した者とする。
 
  
相続の承認又は放棄をすべき期間内に相続の放棄の方式より家庭裁判所に申述して相続の放棄をした者だけをいうのであって、正式に放棄の手続をとらないで事実上相続により財産を取得しなかったにとどまる者はこれに含まれないとされる。
したがって、正式な手続きを経ていない者は、相続税法において相続を放棄した者と解されない。
 
  
平成28年4月1日現在
 
東京都、足立区(北千住、西新井)、荒川区、墨田区、板橋区、北区、練馬区、台東区、文京区、千代田区、江戸川区、港区、江東区 などの東京都全般
埼玉県、春日部市(春日部、武里、一ノ割)、さいたま市、草加市、越谷市(せんげん台)などの埼玉県全般
 
上記の地域の開業支援を多数、行っています。
会社設立および開業をお考えの方は、ぜひ、ご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております。

関連記事

  1. 相続税の試算を行いたいのですが、どのようなものが必要ですか。
  2. 民法と相続税法における法定相続人の範囲の違いを教えてください。
  3. 相続税法でいう「相続権を失った者」とは、どのような人でしょうか。…
  4. 初七日法要の費用は控除できる葬式費用に含まれますか。
  5. 財産目録の作成の際に、出資金の確認方法を教えてください。
  6. 相続や遺贈によって取得した財産を、特定の公益を目的とする事業を行…
  7. 遺体解体費用を負担したのですが、相続税法における控除できる葬式費…
  8. 平成27年以後の、相続の税制改正の主な論点とは・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP