美容院・美容室・床屋さんのサービス内容の決め方はどのようにしたら良いのでしょうか。

 創業当初は最低限のサービスメニューにする。お店が落ち着いてきたら、付加価値的なサービス展開を行っていくのが重要です。
 
  
 創業当初は、あれもこれもサービスを提供してしまうと、どのサービスも中途半端になってしまう危険が大きいです。通常の接客業務の他に、事務仕事なども重なってきますので、多くのサービス内容を設定すると、サービスが雑になり、評判を落とすこともあります。このため、最初は無理のない程度のサービス内容に抑えるのが大切です。
 お店の業務が落ち着いてきましたら、付加価値となるサービス内容を提供することが重要です。飽きが来ないお店作りが重要となるので、季節によって取り扱う商品・サービスをチェンジすることも1つだと思われます。
 
東京都、足立区(北千住、西新井)、荒川区、墨田区、板橋区、北区、練馬区、台東区、文京区、千代田区、江戸川区、港区、江東区 などの東京都全般
埼玉県、春日部市(春日部、武里、一ノ割)、さいたま市、草加市、越谷市(せんげん台)などの埼玉県全般
 
上記の地域の開業支援を多数、行っています。
会社設立および開業をお考えの方は、ぜひ、ご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております。

関連記事

  1. ヘアサロン・美容室の場合、店舗の大きさはどのように考えたらよいで…
  2. 美容院・美容室・床屋さんの人材管理の重要性について教えて下さい。…
  3. ヘアサロン、美容室、床屋の場合、開業前にトレーニング期間は必要で…
  4. ヘアサロン・美容室の内装工事を分離方式で依頼する場合の、デザイナ…
  5. 美容院・美容室・床屋さんの事業計画書を作成する場合に、最初に準備…
  6. ヘアサロン・美容室の開業で足止めとなる事柄を教えてください。
  7. ヘアサロン・美容室は、お客様のどんな場所となるべきか。
  8. ヘアサロン・美容室の二極化現象って、どういう意味ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP