請負契約書の作成が、目的物の引渡後に行われる場合の益金の認識について教えてください。

〇質問〇
当社は建設業を営んでおります。
正式な請負契約書を締結する前に、目的物の引き渡しが完了してしまいました。
このため、請負金額が未確定となりました。
この場合の益金の認識はどのように行うべきでしょうか。
 
  
〇回答〇
工事が完了し、目的物の引渡が完了した時点で、益金を認識します。
請負金額が未確定の場合には、合理的な見積額を算定して、益金を認識します。
  
平成28年4月1日現在
 
東京都、足立区(北千住、西新井)、荒川区、墨田区、板橋区、北区、練馬区、台東区、文京区、千代田区、江戸川区、港区、江東区 などの東京都全般
埼玉県、春日部市(春日部、武里、一ノ割)、さいたま市、草加市、越谷市(せんげん台)などの埼玉県全般
 
上記の地域の開業支援を多数、行っています。
会社設立および開業をお考えの方は、ぜひ、ご相談ください。
当所の顧問先、取引先様からのご紹介を頂いた方は優先的にご相談を受けさせて頂いております。

関連記事

  1. 所得税アイコン 外交員に支給する定額の手当って、どうやってしょう。
  2. 建設業許可がある個人が、法人成りした場合の手続きを教えてください…
  3. 建設業許可の場合で、工事経歴書の作成注意点を教えてください。
  4. 現在「鋼構造物工事業」の建設業許可を取得していますが、次はどの建…
  5. 得意先からの懇請による出血受注した場合の損失の取り扱いを教えてく…
  6. 宅地建物取引士の登録をしている方を、専任技術者として登録すること…
  7. 建設業の経理規程の作成上のポイントを教えてください。
  8. 個人事業主から建設株式会社へ組織変更する場合、個人時代の資産・債…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP