[特許]特許法の保護対象とは

経営指導アイコン

特許法が保護する対象は「発明」となります。
実務上は、ある課題を解決するための具体的な手段であり、かつ、自然法則を利用したものであること、当業者が反復実施して同一の効果があげることができる程度までに具体的にされていること、客観的に特定できることが必要とされています。
また、「発明」の定義に該当しても、産業上利用不可能なもの、新規性または進歩性を具備しないものなどは、特許による保護を受けることはできません。
平成31年1月1日現在

関連記事

  1. 経営指導アイコン 【人事】祝日と日曜日が重なった翌日は、「休日」としなければならな…
  2. 経営指導アイコン 【税理士が教える日商簿記検定3級№3】問題
  3. 経営指導アイコン 【人事】コアタイムをこえて勤務を命ずることはできますか。
  4. 経営指導アイコン 【人事】時間単位年休付与者の範囲を、限定したいのですが可能ですか…
  5. 経営指導アイコン 【人事】労災で療養休業中の従業員は、年次有給休暇を取得可能である…
  6. 経営指導アイコン 【人事】労働契約の承継がない場合で、新会社で新しく定年制を採用す…
  7. 経営指導アイコン 【人事】年次有給休暇の前借りはできますか。
  8. 経営指導アイコン 【人事】正社員登用された派遣労働者の年次有給休暇の取扱いを教えて…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP