税理士が考える飲食店と新型コロナウイルス感染症に関する融資に関する今後の経営指導

経営指導アイコン

新型コロナウイルス感染症に関する融資が実行されていることをNEWSで耳にすることが多くなりました。
今後、飲食店が新型コロナウイルス感染症に関する有利を利用したことによって影響を受けることを考えていきましょう。
◎返済金額が与える影響
融資を受けるということは、返済金額が少なからず多くなることが予想されます。
返済猶予期間を設けた場合には、それ以後の経営計画は今以上に利益をあげて、そこから借金の返済に充てなければならないのです。
このように考えると、1店舗で捻出できる利益で返済ができるのかが問題となります。
◎他店舗経営を余儀なくされる可能性があること
仮に1店舗の利益で融資の返済が難しいとなると、他店舗経営を余儀なくされます。
何店舗で返済金額を補えるのかが勝敗のカギを握ります。
返済するには店舗経営することが妥当なのか確認し、新型コロナウイルス感染症の影響がおさまったあとの勝負の仕方を考えましょう。

関連記事

  1. 経営指導アイコン プロパティ・マネジメント契約書の作成上の注意すべき事項を教えてく…
  2. 経営指導アイコン 小売業の場合で、仕入れた商品を販売するために、イベント企画や販売…
  3. 経営指導アイコン 【人事】1か月単位の変形労働時間制を導入することは、労働条件の不…
  4. 経営指導アイコン 弁護士事務所の顧客獲得方法を教えてください。
  5. 経営指導アイコン 【契約書】OEM契約書の留意点を教えてください。
  6. 経営指導アイコン 子供に会社を継がせる時のタブーを教えてください。
  7. 経営指導アイコン □男性の経営者(既婚者)が会社設立する場合に決めておいた方が良い…
  8. 経営指導アイコン 【飲食店/開業支援コラム№5】資金繰りについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

税理士ショート漫画

PAGE TOP