相続税申告

マンションの相続税法上の評価方法について教えてください。

答 家屋と敷地の評価額を合計した金額となります。 家屋については、固定資産税評価額と…

相続税法における家屋の評価方法について教えてください。

答 家屋の評価額は、原則として固定資産税評価額となります。 家屋の評価額を確認する方…

土地の価格がいくつかあると思いますが、相続税法はどのような評価額を用いるのですか。

答 路線価格方式と倍率方式のいずれかの方法で行います。 土地の価格には、(1)売買価…

遺体解体費用を負担したのですが、相続税法における控除できる葬式費用に含まれますか。

答 遺体解体費用は、控除できる葬式費用に含まれません。 医学上又は裁判上の特別の処置…

初七日法要の費用は控除できる葬式費用に含まれますか。

答 相続税法における控除できる葬式費用に含まれません。 初七日法要、四十九日法要につ…

香典返しとして、5,000円のお菓子を送付しました。控除できる葬式費用に含まれるのでしょうか。

答 香典返戻費用は、控除できる葬式費用に含まれません。 平成28年4月1日現在&…

葬式の際の火葬場へのタクシー代は控除できる葬式費用に含まれるのでしょうか。

答 原則として、葬式の前後に出費で通常儀式に伴うものに該当するものと考えられ、控除できる葬式費用に該当します。&nb…

お布施については、控除できる葬式費用となると聞いたのですが、本当ですか。

答 葬式のために施与した金銭は、控除できる葬式に含まれます。 平成28年4月1日現在…

未払の所得税、住民税、固定資産税がある場合には、債務控除が受けられるのです。

答 所得税、住民税などの税金については、相続発生時に未払の債務がある場合には、債務控除の対象となります。…

非上場株式等という家族経営の会社について、相続税の納税猶予が存在すると聞いたんのですが本当ですか。

答 非上場株式等について、一定の場合には、相続税の納税が猶予される場合があります。 …

相続税をコンビニ納付できると聞いたのですが、本当ですか。

答 バーコード付納付書は、納付金額が30万円以下で所轄の税務署で発行して頂けます。 …

相続税法でいう「相続権を失った者」とは、どのような人でしょうか。

答 相続人の欠格事由に該当する者、推定相続人の廃除、遺言による推定相続人の廃除の規定による推定相続人の廃除の請求に基づき…

相続税法における「相続を放棄した者」とは、どんな方ですか。

答 家庭裁判所に申述するなどして一定の手続きを経たものに限り、相続を放棄した者とする。 …

相続税の申告を行うのですが、死亡するまでの入院費用は、相続財産から債務控除として差し引くことができるのでしょうか。

答 入院費用などの治療費などの医療費も、死亡後に支払った費用としても債務控除の対象となります。&nb…

相続や遺贈によって取得した財産を、特定の公益を目的とする事業を行う特定の帆人などに寄附した場合に、その寄付をした財産などを相続税の対象としない特例があると聞いたのですが、本当ですか

答 国、地方公共団体又は特定の公益を目的とする事業を行う特定の法人などに寄附した場合の特例により、相続税が課税されない場…

財産目録の作成の際に、生命保険金の確認方法を教えてください。

答 お手元の保険証書をご準備いただくか、保険会社にご確認ください。 平成28年4月1…

財産目録の作成の際に、公社債等の確認方法を教えてください。

答 国債等又は取引残高報告書を金融機関から取り寄せてください。 平成28年4月1日現…

財産目録の作成の際に、非上場株式の確認方法を教えてください。

答 発行会社の法人税確定申告書などによって確認します。  財産評価の際に必要となりますので、ご準備ください。&n…

財産目録の作成の際に、上場株式の確認方法を教えてください。

答 取引先の証券会社、信託銀行から取引残高報告書などを取り寄せてください。 平成…

財産目録の作成の際に、出資金の確認方法を教えてください。

答 出資証券、預貯金通帳でご確認ください。 平成28年4月1日現在…

財産目録の作成の際に、財産目録に記載する預貯金の確認方法を教えてください。

答 各金融機関の残高証明書を取り寄せてください。 平成28年4月1日現在&nbs…

財産目録の作成の際に、不動産の確認方法を教えてください。

答 不動産の所在地の市町村役場に名寄帳の写しを取り寄せてください。   また、被相続…

相続税の試算を行いたいのですが、どのようなものが必要ですか。

答 簡単な財産目録(財産の一覧表)が必要です。相続税の計算には、被相続人(父・母)の…

民法と相続税法における法定相続人の範囲の違いを教えてください。

答 相続放棄をした場合と、養子縁組をした場合が異なります。(1) 相続放棄した場合で…

法定相続人の数を基に計算される金額を教えてください。

答 法定相続人の数で計算されるものは、主に4つあります。(1) 相続税の基礎控除額…

相続人が慶弔金を受け取った場合に、相続税の対象となる場合があると聞いたのですが、本当ですか。

通常の場合は、被相続人の死亡によって受け取った慶弔金、花輪代は、相続税が課税されることはありません。…

交通事故の損害賠償金については、相続税が課税される場合と、非課税の場合があると聞いたのですが、本当ですか。

答 損害賠償金の権利の確定した時期によって、課税関係が異なります。 被害者が死亡した…

相続税の課税がされない財産はどんなものなのでしょうか。

 一般的に、墓地や墓石、仏壇、仏具、神を祭る道具など日常礼拝をしている物(商品として所有している場合を除く)があげられま…

相続税がかかる財産はどのような財産がありますか。

答 原則として、死亡した人の財産や遺贈によって取得した財産に課税されます。ここでいう財産とは、現金、預金、有価証券、土地…

法定相続人に養子がいる場合の基礎控除額を教えてください。

答 実子がいる場合といない場合で、基礎控除額の法定相続人の数に含められる人数が異なります。被相続人に実子がいる場合は、養…

相続税の基礎控除額について教えてください。

 現行法令によれば、相続開始年度が平成28年4月の場合、3,000万円+(600万円×法定相続人の数)により求めることと…

相続財産をどうやって計算するんですか?

答 被相続人の残した財産を評価・計算して集計して行います。  民法上の相続財産と範囲が異なるので、注意しましょう。…

両親が亡くなる前に贈与を受けて、相続税対策をする方がいると聞きました。どういう場合に、相続税対策の贈与となるのでしょうか。

将来、税制改正が行われ、課税上、不利になる場合があげられます。 両親が亡くなる前に贈…

税理士ショート漫画

PAGE TOP