【論文掲載】「租税法における罪刑法定主義の意義と役割 課税要件法定主義と課税要件主義」租税訴訟学会誌第14号

コラムアイコン

2年間の研究成果が論文となり、掲載に至りました。
刑法の勉強は正直、大変でした。
自分がこのような論題を出筆していいのか、迷いに迷い書き上げました。
租税訴訟学会の会員の皆様、それ以外の方々にも是非よんで頂きたいです。

税法がなぜ明確な条文によって成文化されないといけないのか。
考える機会にして頂ければ幸いです。

関連記事

  1. コラムアイコン 【お知らせ】長谷川税務会計ラジオの公開予定日
  2. コラムアイコン 【春日部キューブ・情報交換会】経営者向けセミナーを実施
  3. コラムアイコン 【講師業務】3日間連続で、租税教室と東京福祉大学の講義をでした。…
  4. コラムアイコン 【税の無料相談】東京税理士会足立支部の無料相談会
  5. コラムアイコン [住まいの相談会]相続税関係
  6. コラムアイコン 【お知らせ】東京福祉大学の非常勤講師に就任することとなりました。…
  7. コラムアイコン [長期休暇のお知らせ]GW休業期間のお知らせ
  8. 学会活動アイコン 『最高裁判所令和4年4月19日判決紹介と総則6項』/『総則6項の…

税理士ショート漫画

PAGE TOP